今すぐお金が必要!
今日中にお金が必要!
というときに便利なのが即日融資です。

 

しかし、即日融資でお金を借りたいと思っても、お金を借りるのは初めてだからわからないことばかり…という方もいらっしゃるかと思います。

 

即日融資でお金を借りる際に不安な点・疑問点についてまとめました。

 

カードローンとキャッシングは違うもの?

 

まずお金を借りるのに、即日融資の「カードローン」と「キャッシング」というものがあります。似たような感じで使われているこの二つのサービスにはどんな違いがあるのでしょうか。

 

実は、現在ではカードローンもキャッシングもだいたい同じような意味合いで使われているのですが、もともとは違うサービスのことを指しています。

 

キャッシングとは?

キャッシングとはクレジットカードやキャッシングカードを利用してキャッシュディスペンサーなどからお金を引き出す短期の小口融資のことです。

 

金利はやや高めな傾向にあります。もともとは多くても50万円程度の小口の借入を翌月一括払いで返済するのが基本でしたが、現在ではキャッシングと呼ばれているものでもリボ払いのものもあり、はっきりとした線引きがなくなってきているようです。

 

カードローンとは?

カードローンもキャッシング同様、クレジットカードやキャッシングカード、ローンカードなどを利用してキャッシュディスペンサーなどからお金を引き出すことのできるサービスです。

 

カードローンは融資額の少ないものですと数十万円程度ですが、高いものは数百万、なかには1,000万という大口融資も可能なのが特長です。そのため、返済方法は分割払いが基本となります。金利はカードローンのほうが、銀行カードローンなど、低めなものが多いです。

参考サイト:借り入れランキング!最短で即日借入&無担保・保証人不要【借入DX】

 

即日審査に通るコツはある?

 

審査に通るためのコツというほどのものではないのですが、審査に落ちる要因を少なくする、という意味では事前にやれることはあります。

 

申込内容に不備がないようにする

申込フォームの住所や電話番号など、内容に不備がないようしっかり正確な記載をすることです。例えば、もし電話番号やメールアドレスに間違いがあった場合、審査結果の連絡をしても本人につながらない、なんてこともあるわけです。他の間違いについても、確認作業が入ればその分審査に時間がかかってしまい、その分どんどん即日融資が難しくなっていきます。

 

一度に何社も同時に申込をしない

実は申込をした履歴というのは、契約をしてなくても申込をしたという事実だけで信用情報機関に情報として一定期間残ってしまいます。そして、短期間に複数社申込をした履歴がありますと、「よほどお金に困っている人物なのかも」と判断されてしまいそれだけで審査に落ちてしまうことがあるそうです。一般には半年の間に3社以上申込をしないほうがいい、などと言われています。

 

借入希望額をできるだけ少なくする

例えば実際には10万円だけ借りられればいい、というときでも、「いつか使うかもしれないし、念のため多めに50万円くらいにしておこう」などと考える方がいらっしゃいますが、これは実はカードローン審査においては不利になります。審査では高額な融資になればなるほど審査が慎重になり時間を要します。そのため、即日融資を希望する場合にはとくに、できるだけ借入希望額は少なく、必要なだけにとどめておくほうがいいのです。

 

即日融資のお金はどうやって受け取るの?

即日融資のお金の受取方法には、一般的にふた通りあります。

 

  1. 【振込融資で自分の口座に直接振り込んでもらう】
  2. 即日融資の受取方法として一般的なのが振込融資です。
    ネットから申込をして自分の口座に振込をしてもらえるため、来店不要で即日融資を受けることができます。ただし、振込なので銀行の営業時間内に振込をしてもらえませんと、翌営業日の振込扱いになってしまうので時間に注意が必要です。

     

    カードローンによっては特定の提携銀行口座を持っていれば24時間振込対応しているといったサービスを提供しているところもあります。

     

     

  3. 【ローンカードを発行してもらいATMなどからお金を引き出す】
  4. ローンカードは自動契約機などで即日発行することが可能です。
    ローンカードさえ手元にあれば、24時間、提携ATMなどからお金を引き出すことができます。自動契約機があるカードローン会社は大手消費者金融など限られていますので注意してください。

     

    また、自動契約機にも営業時間があります。夜遅くまで営業している自動契約機も多いですが、営業時間は会社や店舗に寄っても異なりますので必ず最寄りの自動契約機の営業時間を確認してから利用しましょう。

 

家族や会社にばれてしまうことはある?

お金を借りることを家族や会社にばれてしまうのでは…と不安に思う方は多いですが、基本的にはばれません。

 

ばれてしまうのでは、と不安になる要因には電話と郵送物とがあります。


 

審査結果の連絡

基本的に審査結果の連絡は、携帯電話の番号を申込時に記載していればそちらにかかってきます。

 

在籍確認の電話

在籍確認は申告した勤務先に本当に勤めているのかどうか、審査において重要な項目の一つですので必ず行われます。ただしカードローン会社側も会社名を名乗るのではなく、個人名で電話をかけてきます。また、もし電話に出れなかったとしても、在籍していることが確認できさえすれば在籍確認は完了します。

 

「〇〇(担当者名)と申しますが▽▽さん(申込者名)はいらっしゃいますか?」

 

「申し訳ございません、あいにく、▽▽は外出しておりまして…15時ごろには帰社予定なのですが」

 

「そうですか。ではまたあらためてお電話いたします。」

 

どうしても在籍確認はさけたい、という方の場合には、在籍確認を電話ではなく書面でするモビットのWEB完結申込がおすすめです。

 

契約書類やローンカードなどの郵送物

契約書類やローンカードなどの郵送物が自宅に届くときに、「アコム」や「プロミス」などと書かれていると家族に封筒を見られてばれてしまうのでは…と不安に思う方もいらっしゃるかと思いますが、大手消費者金融などが自宅に郵送物を送る際には違う社名の封筒を使って送られてきます。

 

封筒を開けられてしまいますとどうしようもないですが、封筒の外見では一見してわからないようになっています。また、借りたお金の明細書も、WEB明細にしておくことで今後の郵送物を防ぐこともできます。しかしどうしても不安、という方は、こちらもモビットのWEB完結申込なら郵送物なしですからおすすめです。

 

ドラマで見るような恐い思いをすることはある?

カードローン、とくに消費者金融を利用するというと、テレビなどの影響でなにかしら恐い目に遭うのでは、なんて思ってしまう方も未だに少なくありません。しかし実は、テレビドラマや映画に出てくるような大声を出したり脅したりといった恐い取り立てというのは、現在では法律で禁止行為として定められており、違法な業者もかなり数を減らしました。

 

借り方なんかも以前と比べるとスマートフォンで手軽に申し込めるようになりましたし、かなり便利で身近なものになっています。実際に借りた方も、「思ったより借りやすかった」「思ったより簡単だった」と思われる方がほとんどです。

 

ただし、違法な業者がいなくなったわけではありません。
そのため、利用の際には銀行カードローンや大手消費者金融など名前が知られたところを利用するようにし、条件が甘いからといってよくわからないような会社からお金を借りてしまわないように注意してください。

 

もし返済が遅れたら?

返済が1日でも遅れた時点から遅延損害金というものを支払うことになります。
返済の際には元金と利息とを合わせて返済するわけですが、それプラス、遅延損害金も支払うことになるのです。

 

遅延損害金はレンタル屋さんに置き換えれば延滞料金です。
一般的には20%程度のところが多く、1日ごとにかかりますので遅れれば遅れた分だけ膨れ上がっていきます。返済が遅れたら一刻も早く連絡をして、支払いを行いましょう。

 

では、もしも返済が遅れてしまったらどうなるのでしょうか。
返済が遅れてしまっても、直ちに取り立てにくるなんてことはありません。
まずは電話やハガキなどで催促があります。

 

・うっかり返済日を忘れてしまった!
・口座のお金が足りなかった!
なんていうことはありがちですので注意してください。

 

それでも返済がされないとなってくると、督促状が家に届きます
それも無視して3ヶ月程度延滞しつづけますと、信用情報機関に「異動」と記載される、つまりブラックリストに載るといった状態になります。

 

取り立てや一括請求、給料の差し押さえなどというようなことにもなってきます。

 

返済は遅れれば遅れるほど困ったことになります。
カードローン会社によっては支払い日を延長してくれるケースもあるといいますし、遅れるとわかった時点で事前に電話で連絡をしておきましょう。

 

何時まで即日融資は可能?

即日融資が可能な時間はカードローンごとで違いがあります。
一般的に、何時までに申込をすれば即日融資が可能と定めているカードローンはありません。審査にどのくらい時間がかかるかは審査をしてみないことにはわからないからです。

 

ですが、大手の消費者金融などでは当日振込の場合には平日14時までに契約書類の提出、などとタイムリミットを定めているところがあります。

 

ではそれを過ぎてしまったら、あるいは間に合いそうにない場合には即日融資はできないかというとそんなことはありません。ローンカードさえ手に入れば、提携ATMなどを利用してお金を引き出すことができます。

 

ローンカードの即日発行ができるカードローン会社は限られていますが、大手消費者金融や一部大手銀行カードローンなどでは可能です。

 

ローンカードの受け取りには自動契約機などの無人店舗が利用されますが、営業時間は長いところで22時までやっているところがあります。ただし手続きには時間がかかりますので、なるべく早い時間に来店し手続きをしましょう。また、みずほ銀行カードローンでは手持ちのみずほ銀行のキャッシュカードにローン機能を付与して即日融資が可能になるそうです。

 

即日融資でおすすめなのは?

即日融資でおすすめなのは、やはり大手の消費者金融です。
大手の消費者金融は審査が早いだけでなく、即日融資を実行する方法もいくつか用意されていますし、また即日融資の対応時間も長めなとなっています。

 

大手消費者金融が即日融資に向いている理由
  1. 審査が早い
  2. 振込融資以外にも自動契約機での即日カード発行など即日での融資方法がいくつかある
  3. 即日融資の対応時間が長い

 

その日中にお金を借りたいと思っても、即日融資可能なカードローンというのは必ずしも即日での融資を確約したものではありません。だからこそ、即日融資の可能性の高いカードローンを選ぶ必要があるのです。

 

また即日融資ですぐれているだけでなく、満足度の高い充実したサービス内容も魅力となっています。

無利息期間のあるキャッシング

消費者金融や銀行カードローンの中には、無利息期間があるキャッシングがいくつかあります。
無利息期間というのはその期間内の借入残高には金利がないということです。
つまり、無利息期間中に完済ができれば利息の支払いをすることはなくなります。
また無利息期間を有効に活用する方法として、その期間内に大きく返済をすれば残りの残高に対しての利息が少なくなり返済が楽になるというものです。

 

無利息期間があるキャッシングはいくつかあります。
代表的なものでみてみると、新生銀行カードローンのレイク、消費者金融のアコム、プロミスがあります。
期間や適用条件、適用開始日に違いがありますので利用をする前には無駄なキャッシングにならないよう確認をしましょう。